亨進様 天一国食口礼拝 2009年2月8日
天一国食口礼拝 2009年2月8日 亨進様の説教 “絶え間なくあなたの力を高めてください”(Daum Cafe MBUの掲載記事を翻訳、整理)

韓国語の原文はこちらから↓(???? ?? ? ????.)

http://cafe.daum.net/chdmbu/68cZ/236

祝福の人生

今日は“絶え間なくあなたの力を高めてください”という題目でお話したいと思います。祝福の人生を生きることを願うのであれば、何よりもまず、皆さんの力と潜在力を絶え間なく高める方法を学ばなければなりません。「人生は短距離競争ではなく、長距離マラソン競技である」という言葉があります。常に自分自身を励ましてください。力を与え、生きる動機を賦与してあげてください。

食口の皆さん!誰でも、自分のエネルギーレベルというものがあります。認識していようといまいと、私たちはそのエネルギーを使っているのです。私たちがどのような考え、言葉、行動をするかにかかわらず、そのエネルギーが使われているのです。

ですから、私たちは自分の力とエネルギーのレベルを絶え間なく高めることができなければなりません。また、私たちのエネルギーを知恵深く使うことができなければなりません。より善なる神様の願いのためにエネルギーを使うならば、皆さんは祝福の人生を生きることができるでしょう。

『世界経典』の教え

今日も『世界経典』に出ている貴い教えを一緒に分かち合う時間を持とうと思います。まず、聖書の詩篇46篇1節から3節までを読んでみます。“神はわれらの避け所また力である。悩める時のいと近き助けである。このゆえに、たとい地は変り、山は海の真中に移るとも、われらは恐れない。たといその水は鳴りとどろき、あわだつとも、そのさわぎによって山は震え動くとも、われらは恐れない。” 食口の皆さん!神様は偉大な力を持っていらっしゃいます。どんな困難や患難が押し寄せてこようとも、私たちが神様の御旨の中に留まっているならば、打ち勝つことができるでしょう。

次に、「道徳経」の23章に出てくる教えを調べてみましょう。“道(どう)と一つになる者は、道が力を与えてくれるだろう。またその力と一つになれば、その力がより大きな力を与えてくれるだろう。” 宇宙が動く道、すなわち天の御旨に従って生きれば、天が皆さんに力を与えてくれるでしょう。そしてその力は、絶え間なく拡大するでしょう。

「コーラン」65章2節から3節を見ると、“神様は御自分に義務を果たす人に対していつも一つの道を約束され、考えもつかない道まで提示してくださる。また、神様は真実に御自分を信じ、頼る者を満たしてくださる”という言葉があります。神様を信じ、頼ってください。人間の能力と知恵で克服することができない状況が来ても、神様の中に留まっていれば、考えることもできない道が開かれることでしょう。

最後に、真の父母様のみ言を調べてみることにしましょう。み言選集37巻123ページです。“皆さんは、自分が祈祷をしたり、誠精を尽くしたら、何ともいえない力がわいてくるのを感じることでしょう。皆さんを超越する力が、皆さんに訪ねてくるのです。放送局から送る電波をアンテナを通して受信するように、それが自分の心に来てつながるのを感じるようになるのです。心が純粋であるほど、心が素直であるほど、それが入って来る角度と同じ角度で反射できるのです” 私たちは皆、真のお父様のみ言を通して、祈祷と精誠が持つ驚くべき力について悟らなければなりません。

コンピューターゲーム D&D

ある日、家で子供たちがD&Dというコンピューターゲームをしているのを横で見ていたのですが、そのゲームの中にも大切な教えが込められていました。D&Dゲームについて簡単に説明すると、子供たちが様々なキャラクターを創造してチームを作り、冒険するというものです。冒険の途中で敵や怪物に遭えば、熾烈な戦いが繰り広げられます。ゲームに出てくるキャラクターは、それぞれ自分だけのエネルギーを持っているのですが、それがキャラクターの下にあるパワーゲージ(エネルギーがどれほど残っているのかを表す赤い棒グラフ)に表示されるのです。キャラクターが何か行動を起こすと、パワーゲージのエネルギー量が減ったり増えたりします。敵から攻撃を受けたりしても、エネルギーはなくなります。ところで不思議なことに、キャラクターをうまく育てるとパワーゲージのレベルが上がるのです。つまり、エネルギーを満たすことができる枠が広がるのです。

子供たちは“この冒険をクリアしたければ、自分のチームをうまく組まなければならない”と私に教えてくれました。どういうことか尋ねると、子供たちは“戦士、武術家、野蛮人のような戦闘型キャラクター、それから魔法と治癒の力を持った魔法師と聖職者でチームを組まなければならないし、戦闘型キャラクターは前面に、魔法と治癒の力を持つキャラクターは後方に配置しなければならないんだ”と説明してくれました。戦闘が始まれば、戦闘型キャラクターは最前線で敵とぶつかり、戦います。そうすると、エネルギーがすぐなくなってしまうのです。後方で魔法師が守りの魔法を唱え、聖職者が治癒の力を送ってあげなければ、戦闘型キャラクターはエネルギーをすべて失い、消滅してしまうのです。ところで驚くべきことに、こうやって戦闘でエネルギーを失い、再び満たしてあげることを繰り返しながら敵を倒していると、キャラクターのパワーゲージレベルが上がって、より強いキャラクターになるのです。

ゲームの法則と人生

このようなゲームの法則が、私たちの人生にもそのまま適用されます。生きていれば、たくさんの挑戦と障害物に出遭うことになります。私たち一人一人にもパワーゲージがあるのですが、生活をしながらそのエネルギーを使っているのです。問題を解決し、仕事に集中し、人々を励ましたり、否定的な内容を克服することに私たちのエネルギーを使うならば、パワーゲージレベルが上がることになるでしょう。人生における様々な経験は、私たちのエネルギーを奪ったりもし、満たしてくれたりもします。例えば、職場で仕事をしながら困難にぶつかったり、同僚との関係がうまくいかなかったりする時、愛する人を失った時、病で苦痛を受けている時、私たちのエネルギーは失われます。反対に、賞賛や激励を受ける時、責任をもった仕事で良い成果を上げた時、周りの人々と関係を結びながら良い影響を授受した時、皆さんのエネルギーは満たされるでしょう。

自分自身、そして周りとの関係性を見つめ直す

私たちは、自分のエネルギーがどれくらい残っているのか、常に注意深く見つめていなければなりません。また、周りの人々と自分が、どのようなチームを構成して生きているのか、調べてみなければなりません。皆さんの周りにいつも不平を言い、否定的な言葉を発しながら、他の人が成し遂げたことを過小評価する人がいるとするならば、そのような人たちとは距離を置かなければなりません。そういう人たちは、皆さんからエネルギーを奪っていく人たちです。神様は、いつも感謝する気持ちを持つことを教えてくださいます。皆さんを落ち込ませる友達がそばにいるならば、皆さんは神様が祝福してくださった人生を生きることができません。皆さんは、誰かを満足させるためではなく、神様が祝福してくださった使命と夢を成し遂げて、神様に喜びと栄光をお返しするためにこの地に生まれました。そばに皆さんを励まし、力をくれる人がいるならば、感謝してください。それはとてつもなく大きい、天の祝福です。

 空軍は戦闘機に空中給油をすれば、活動範囲が広がるということをよく知っています。空中給油の技術は、1920年に開発されました。そして1935年、カーティス・ロビン(Curtiss Robin)の高翼単葉飛行機が空中給油を通して27日間、地面に着陸せずに飛行をしたといいます。人生という飛行において、こういう空中給油をしてくれる人がそばにいれば、私たちは着陸せずに継続して飛行することができるでしょう。言うなれば、私たちの目標に向かって休むことなく、前進することができるのです。

私の人生を見つめ直してみると、本当に大切な人がたくさんいることに気づきます。國進兄は私に、組織運営という側面で専門性とエネルギーをくださいます。善進姉と仁進姉は、私が情熱的なエネルギーを持つことができるよう、助けてくれます。私の妻は、心情的な側面において私がもっと発展することができるようにしてくれます。また、尊敬する牧師の皆さん、神父の皆さん、僧侶の皆さんは、霊的修行のエネルギーを与えてくれます。このように貴い方々が皆さんのそばにいるならば、絶え間なく皆さんの力と潜在力を高めることができるでしょう。しかし、逆に皆さんがエネルギーを与えなければならない人だけが周りにいるとするならば、皆さんは停滞してしまうかもしれません。ですから、常に皆さんに力と勇気を与えてくれ、より高いレベルに導いてくれる良い師と助言者を探さなければなりません。

タイガーウッズの人生を通して学ぶことができるもの

大部分の食口は、タイガーウッズというプロゴルファーを知っていらっしゃると思います。彼はキリスト教の背景をもったアフリカ系アメリカ黒人の父親と、仏教の背景をもったタイ人の母親の間に生まれました。彼は生後11ヶ月からゴルフクラブを握ったといいます。もちろん、当時ウッズが握ったゴルフクラブは、木でできた幼児用ゴルフのおもちゃだったでしょう。ウッズは幼い頃、短期間で早く成長したいと願っていたようです。しかし、何かの分野で簡単に実績を残すことはできません。彼は挫折をしたり、大変な時、仏教の教えを通して大きな力とエネルギーを得たといいます。また、頑固で忍耐心が足りなかった性格を変えることができたといいます。時間をかけてコツコツと訓練し、実力を備えることが、最善であるという悟りを得たのです。

ウッズの父親と母親は、いつも彼を励まし、穏やかに彼を導きました。ウッズが、自分自身を信じることができるようにしてくれたのです。ウッズが大好きなゴルフに専心することができるように、助けてあげました。ウッズの母親は、何年もの間、朝早く起きて精誠を捧げ、カリフォルニア地域で開かれたゴルフ大会にウッズを参加させました。陰で支えるのも大変でしたが、母親は一度も不平を言いませんでした。このような両親がいたために、ウッズは世界のゴルフ界において第一人者になることができたのです。

ウッズは今まで、アメリカの男子プロゴルフ協会(PGA of America)が主管するゴルフ大会で65回も優勝し、その中でメジャー大会の優勝は14回にもなります。彼はPGA大会の優勝カップ獲得回数が史上三位、メジャー大会優勝回数は史上二位となっています。今も活発な活動をしているため、これからもっと多くの大会で優勝して、歴史上最も偉大なプロゴルファーとして記録されることでしょう。

タイガーウッズの人生を通し、私たちは何を学ぶことができるでしょうか?人生は短距離競争ではなく、長距離マラソンです。ですからウッズの両親のように、力と勇気を与えて励まし、信じてくれる人生の支持者が必要なのです。しかし、いくら周りに素晴らしい人がいたとしても、自らが努力し、人生を開拓しなければなりません。ウッズは忍耐心をもって絶え間なく訓練をし、練習しました。自らに優勝に対する動機を賦与し、努力しました。そして彼は、神様がくださった才能と潜在力を育てて、成功的な人生を生きているのです。

激励と信仰の力

先週の金曜日から、真の父母様の90歳記念行事が行われました。一つの行事が終われば、また違う行事が続きます。さらに私たちは31日に飛行機に乗ってニューヨークに移動し、少しも休むことができないまま、アメリカでの行事に参加しなければなりませんでした。韓国とアメリカというとても離れた二つの国で、3日間かけて進行された行事に参加し、私たちは皆、完全に疲れていました。ところが、突然アメリカの総会長で苦労している仁進姉が、“今回祝福を受けたカップルたちのための音楽祭に、必ず参加してくれ”と言ってきたのです。また、仁進姉は私に音楽祭で話をしてくれというのです。とても疲れていましたが、姉のために、すべての兄弟姉妹は“毎日毎日、幸せな日!一緒に頑張ろう”とお互いを励まし、信仰の力で最後に残ったエネルギーを集め、行事に参加することにしました。行事はとてもうまく行き、私たちも皆、喜びで満たされました。

私はこのような経験を通し、信仰と激励の力がどれほど重要なのか、悟ることができました。皆が疲れ、倒れるしかない状況だと思われましたが、神様の愛の中で、私たちが思ったよりも大きな力を持っているということを発見することができました。人生に疲れた時、信仰の力をつかんでください。“私はできる”と叫んでください。“私は幸せです”と叫んでください。

何かをする時、それを必ずしなければならないのか、という疑念が湧くことがあります。そういう思いは私たちをとても疲れさせます。今していることが消耗的なことだと感じるかもしれません。しかし、その時こそ正に、絶対的な信仰で働かなければならない時なのです。難しい峠を越えるたびに、皆さんのパワーゲージレベルが一段階上がっていくのです。絶え間なく、皆さんが持っている力と潜在力を高めるために努力してください。

詩篇の著者たちの知恵

詩篇の中には、イスラエルの偉大な王であるダビデの讃美もあり、また、箴言にはソロモン王の知恵も込められています。イスラエル民族は天が選んだ民族でしたが、多くの試練と抑圧、迫害に打ち勝たなければなりませんでした。詩篇の著者たちは、暴風のような試練の中で、神様がどのようにイスラエル民族を率いてくださったのかを記録しました。神様は、時には愛と祝福の手を差し伸べてくださり、時には試練を通して御自分の民族がより強くなることを願われました。詩篇には、道がないと思われる瞬間に道を開いてくださった神様に対する感謝が込められているのです。

詩篇の著者たちは、人生の試練と困難にぶつかった時に、彼らの先祖たちがどのようにそれを克服したのか、確固とした真実の信仰がもつ力がどれほど驚くべきものなのか、書き残したのです。

真のお父様の生涯に込められた貴い教え

一度、私は真のお父様にこのようにお尋ねしました。“1948年に興南刑務所に入監された後、1950年10月に出監されるまで、どうやって過酷な拷問と強制労役を越えて生き残り、勝利することができたのですか?”と。真のお父様はその質問に対し、“私はただ、感謝する気持ちと心情を持っただけだ”と答えられました。お父様は御自身が体験された苦難は、神様のものに比べれば何でもないと語られます。そのため、一日に何人も死んでいく興南監獄でさえ、感謝することができたのです。試練を通し、真のお父様は‘神様の深い恨と苦痛を体恤することができること’、そして‘神様がより大きな使命をくださるために、訓練してくださっていること’を悟り、感謝を捧げられたのです。

真のお父様は、この悟りを通して未来の祝福を確信し、絶え間なく御自身の力と潜在力を高められました。お父様は90歳を迎えられた後にも、相変わらず摂理のために前進していらっしゃいます。

今日の教訓

今日、私たちは何を学ぶことができるでしょうか?人生において、私たちは絶え間なく自らに動機を賦与し、自分の力と潜在力を高めなければなりません。人生は短距離競争ではなく、長距離マラソンです。目の前にある小さな利益に、目がくらんではいけません。人生全体を見つめ、絶え間なく‘私’を成長させることができなければなりません。

私たち一人一人には、パワーゲージがあります。私たちはいつも、自分のパワーゲージをチェックしてみなければなりません。そしてパワーゲージのレベルを高め続けなければなりません。D&Dゲームのことを覚えていてください。チームをうまく組んでこそ、冒険に勝利することができるように、皆さんの周りにどんな人がいるのかが、皆さんの人生を変化させるのです。皆さんを心から支持し、後援してくれる人がそばにいるとするなら、祝福された人生を生きているのです。そのような方々に、心から感謝してください。

タイガーウッズには、いつも励まし、力と勇気を与えてくれる両親がいました。両親によってウッズは、“できる”という信念を持つことができたのです。しかし、それがすべてではありません。彼は絶え間なく自分の才能と潜在力を高めるために努力したのです。忍耐心をもって訓練を重ね、ついにゴルフの帝王になったのです。

私たちもこのような成功の法則、祝福の人生を送ることができる原則を記憶し、絶え間なく努力して前進するならば、より多くの勝利、より多くの悟り、より多くの平和を得ることができるでしょう。祝福の人生を生きて、世界により大きな祝福を伝える誇り高い神様の子女になるでしょう。