亨進様 天一国食口礼拝 2008年6月15日
天一国食口礼拝 2008年6月15日 亨進様の説教 “祝福の秘密、豊かな神様を信じてください”(Daum Cafe MBUの掲載記事を翻訳、整理)

韓国語の原文はこちらから↓(???? ?? ? ????.)

http://cafe.daum.net/chdmbu/68cZ/182

皆さんが祝福の人生を生きたければ、神様の祝福と愛はとても豊かで、絶対に枯渇しないということをはっきりと悟らなければなりません。神様が皆さんの人生のために準備された人々がいます。このような人々が、正に皆さんの昇進と成功、そして豊かな人生の鍵になるのです。

ところで、この神様の祝福には、秘密が一つあります。それは、神様が準備された人々のために、皆さんがまず彼らを成功させなければならないということです。皆さんがまず彼らの力となってあげるならば、皆さんもより大きな勝利と成功を得るようになるでしょう。皆さんがまず、彼らが豊かな人生を生きられるようにしてあげるならば、皆さんもより豊かな人生を生きるようになるでしょう。神様はどんな限界も持っていらっしゃいません。無限なる愛と祝福を持った方なのです。

一般の社会では、とても多くの人たちが、“残忍な現実世界だから、熾烈な競争で生き残るためには、私が最高にならなければならない。やらなければ、やられてしまうだろう”と考えながら、人生を生きています。もちろん、そのような情熱を持って努力すれば、短い間は成功の道を歩む可能性が高いでしょう。しかし、長期的な観点から見れば、そのような成功は決して私たちを幸せにすることはないでしょう。

神様は私たちがそのように、自分だけを考える人になることを願ってはいらっしゃいません。私たちがより大きい人、より偉大な人になることを願っていらっしゃいます。私たちだけが祝福の人生を生きるのではなく、他の人たちも祝福の人生を生きることができるように導くならば、神様は私たちにより大きな祝福をくださるでしょう。これが正に祝福の秘密であり、神様が持っていらっしゃる本質的な人格と性稟です。私たちはこれに似なければなりません。

私がお話した内容は、どこでも、どんな状況でも適用されるものです。会社でも、学校でも、家庭でも、人との関係を大切にし、潜在力を持った人が勝利して成功することができるように助けてあげるならば、その人が勝利するその瞬間に喜びと栄光を返してもらうことはできなくても、その人の心の中に私たちがいつも記憶されるでしょうし、いつかその人が私たちに力になってくれるでしょう。

そのような人は、正に皆さんの事務室で働いている人、才能があって、落ち着いていて、誠実に働いているけれどもカリスマが溢れる性格ではなくて、あまり目立たない人であるかもしれません。そのような人は、おそらく静かで、黙々とした性格でしょうが、教育カリキュラムについて知識が豊富で、そのような知識をもって子供たちのための教育プログラムを作り、洞察力をもって教育環境を変化させていく人かもしれません。そのような人は、皆さんと違う意見を持っているかもしれませんが、客観的に見る時、一緒に働いているプロジェクトで、受け持った役割を素晴らしく遂行している人かもしれません。神様は、皆さんにそのような人を認定し、より良い位置と環境で働くことができるように助けてあげなさいと語っておられます。皆さんの支持と助けによって、その人が昇進し、成功すれば、その人が受けた祝福が、皆さんに帰ってくるでしょう。神様に似て、神様の愛を実践する時、私たちはより豊かになることができ、より勝利する人生を生きることができるでしょう。

ある賢者が、釣りをしている漁夫を見つけました。ところで不思議なことに、その漁夫は釣りがとても上手なのですが、大きくて神秘的な雰囲気を持った鯉を釣るたびに、川へ放してあげるのです。そしてそれよりもずっと見た目が良くなく、小さな魚を捕まえると、網に入れて家にもって帰るのです。毎日、そのようなことをしているので、賢者はその漁夫がなぜそうしているのかとても気になっていました。賢者は、その漁夫が毎日釣りをしながらも、何か人生に対する奇抜な知恵と哲学を持った人なのだろうと考えました。ある日、賢者は気になる心を抑えることができず、漁夫に、なぜ大きくて素晴らしい鯉は放し、小さな魚だけを捕まえて家に持って帰るのかを尋ねました。すると漁夫は、“理由は簡単です。私の家のフライパンはとても小さくて、大きい鯉は料理することができないのです”と答えました。賢者は漁夫の浅はかな答えを聞いて彼を叱りながら、“ならば、もっと大きいフライパンを探せばいいじゃないか!”と答えたというのです。

この例え話は、私たちに重要な教訓を一つ教えてくれます。私たちのフライパンが小さければ、小さな魚のことしか考えることができません。私たちの器が小さければ、少しの量しか入れることができません。小さなものに簡単に満足してしまいます。大部分の人たちは、人生においてある段階を成せば、そこで満足する傾向があります。目標を立て、全力を尽くしたのでその段階に上がることができたというは事実ですが、それが終わりではありません。神様は私たちに語られます。“その段階に満足せずに、より大きな目標を持って、次の段階に上がりなさい。”神様の祝福は限界がありません。私たちは毎日、もっとたくさん勝利するでしょうし、私たちだけでなく周りの人たちも、祝福の人生を生きられるように助けてあげることができます。

私たちにはもっと大きなフライパンが必要です。もっと大きいビジョン、もっと大きい眼目、もっと大きい観点で私たちの人生を見つめれば、より豊かな人生を生きることができるでしょう。“あなた”の勝利は、同時に“私”の勝利と連結されており、私たちは皆、一緒に成長し、成功することができるという気持ちで人生を生きるならば、私たちの人生はより暖かく、豊かになるでしょう。

また、印象的な話を聞いたのですが、ある会社に、能力があって誠実な中間管理職がいました。彼は、自分が侍っている上司が人事異動になるたびに、次は自分が昇進するはずだと思っていました。しかし、何回も彼は昇進から脱落しました。彼はとても挫折感を味わいました。しかしある日、教会で“他の人の成功のために努力する人”について、牧師の説教を聞いたといいます。彼は新しい心で決心をしました。より大きく、広い心で業務に臨み、人々と関係を結びました。たとえ、彼とあまりよく合わない人だとしても、会社のためならば、その人が仕事をうまくやれるように助けてあげました。会社に必ず必要な人であれば、自分よりもっと高い位置に上がるのでさえも、支持してあげました。会社のために、より大きく、より公的な心の姿勢をもって働きました。

何年か後、彼が助けてあげた人の中で、一人が副社長になったといいます。新任副社長は、自分を助けてくれた彼を覚えていました。彼を局長として昇進させ、彼が持っている成熟したリーダーシップ、すなわち会社のために一緒に働く人たちを助け、良い業務成果を得ることができるように助けるリーダーシップを社員たちに教育してくれるようにお願いしました。祝福の秘密は正にここにあります。神様は、私たちが他の人にとって有益になるように行動することによって、私たちがより大きな祝福を受けられるようにされたのです。

神様は皆さんが人生において勝利することを願っていらっしゃいます。また、神様は皆さんが周りの人々を助け、彼らを輝かせて成功する人生を生きることができるよう、助けてあげることを願っておられます。もちろん、皆さんは“ちょっと待ってください。この世には、とても多くの人がいるじゃないですか。私がどうやって、全ての人を皆助けてあげることができるでしょうか?”と尋ねるでしょう。その通りです。皆さんが全ての人に与えることはできません。しかし、誰かを助けることはできます。ある人は、とても忙しくて時間がなく、他の人に神経を使う暇がないといいます。しかし、考えてみてください。誰かに励ましの言葉をかけること、誰かがうまくやった仕事に対して賞を受けられるように提案することに、どれほど時間がかかりますか?また、ある人は“他の人を賞賛し、昇進するようにさせれば、私が昇進できないのではないですか?”といいます。しかし、覚えていてください。神様の祝福には限界がありません。皆さんが本当に成熟したリーダーシップを持っているならば、今すぐではなくても、自分が行った通りに収穫することになるでしょう。

洗礼ヨハネは、イエス様が神様の息子であり、メシヤであるという啓示を受けました。そしてイスラエル民族に、イエス様を証しする使命を持っていました。ところで皆さんもご存知のように、洗礼ヨハネは当時、ユダヤ民族に認められるほどの霊的指導者でした。宗教人として、彼が積んだ業績は偉大であり、従う弟子たちも多かったのです。彼がイエス様を真実な心で証し、従ったならば、イエス様は苦難の道を行かなくてもよかったかもしれません。洗礼ヨハネはイエス様の偉大な弟子として、永遠に記憶されたでしょう。誰よりも成功的な人生を生きた人として、称賛を受けたでしょう。しかし、洗礼ヨハネは責任を果たすことができませんでした。イエス様を証しましたが、イエス様に侍りはしませんでした。人間的な思いでイエス様に従うことができず、自分の道を行きました。そして結局、イエス様は苦難の道を歩み、十字架で亡くなられてしまったのです。

私たちの人生においても、この教訓を覚えていなければなりません。私たちの周りには、神様が準備された人たちがいます。私たちはその人が成功し、勝利することができるように助けることによって、私たちのために準備された天の祝福を受けることができます。責任を果たせなかった洗礼ヨハネのように、行動するのはやめましょう。より大きな人になりましょう。より大きな観点と心情で、他の人の勝利と成功を助けましょう。祝福とは、結局、祝福を与えることができる人に訪れるものなのです。

皆さんに、とても印象的なストーリーのビデオを見ていただきたいと思います。14歳の少年、ベン・アンダーウッドに関する話です。(ビデオ上映)

ベンは2歳の時、癌で両目の視力を失い、手術で二つの眼を除去しなければなりませんでした。ベンの両目は、プラスティックで作られたものです。誰が見ても、絶望的にならざるを得ないベンの人生は、彼のお母さんの献身的な愛によって、一つの“奇跡”を私たちに見せてくれました。ベンはイルカのように、“音波探知”能力を利用し、道を探すことができます。同い年の子供たちたちと枕投げ競争をすることもでき、ローラーブレイドに乗ることもできます。コンピューターゲームも、誰よりもうまいのです。

現代科学は、彼は奇跡のような存在だといいますが、本当に驚くべき方は、彼のお母さんです。ベンは障害を持った子供ですが、お母さんの目から見れば、神様の特別な、祝福を受けた尊い子女でした。そして息子に、“あなたはたとえ両目がなくても、他の人たちが持っていない、あなただけの優れたものを持っている。あなたは神様がこの世に送ってくださった、最も尊い贈り物だ”と言ってあげました。ベンが初めてローラーブレイドに乗った時、どれほどたくさん転び、怪我をしたでしょうか?しかしベンのお母さんは、ベンが簡単にあきらめないようにしました。何よりもまず、“できる”という信念を持たせました。彼女は、厳格な愛によって息子が強く成長することができるようにし、決して息子が自らを“落伍者、もしくは悲惨な人”だと考えないようにしました。息子をして、“できる”という人生の姿勢を持たせました。彼女は、今の社会で“最も驚くべき奇跡を起こした母”として、尊敬されています。

食口の皆さん!神様はベンのお母さんのように、2世が勝利する人生、光り輝く人生、祝福の人生を生きることができるように養育する父母になってくれることを願っておられます。もし私たちの子供たちが人生の困難にぶつかって、“できない”と考え、あきらめようとする時、子供たちに力と勇気を与えてください。神様が子供たちにくださった祝福を覚えていてください。もし子供たちが統一教会に対する世間の偏見にぶつかって困難を経験する時、共に祈り、統一教会がどれほど誇り高い教会か、話してあげてください。

今日、私たちは何を学ぶことができましたか?私たちの側にいる人たちの中で、私たちの人生をより豊かにしてくれる祝福の秘密を持っている人がいます。私たちの運命は、そのような人たちと連結されています。彼らが成功することができるようにして、彼らをより偉大な人にすれば、私たちもまた、勝利する人、成功する人、偉大な人になることができるでしょう。

祝福の人生とは、私だけが成功し、私だけが幸せになる人生をいうのではありません。祝福の人生とは、神様が私たちに送ってくださった人々と、喜びと悲しみを分かち合い、共に成功することをいうのです。目の前の利益や偏狭な考えに頼って生きるのはやめましょう。より大きな人になりましょう。より大きな観点で見つめましょう。より大きなフライパンを準備しましょう。

皆さん、もう一度皆さんが人生の中で因縁を結んだ人々を考えてみてください。誰に祝福を与えることができますか?誰を昇進させることができますか?誰を成功させることができますか?必ずいるはずです。カリスマがなくても、静かで誠実で働く人!会社で、学校で、もしくは家庭で、あまり知られていないけれども、全体のために黙々と働き、本当に必要で、大切な、そのような人がいるはずです。皆さんの周りにそのような人がいるならば、その人を高めてあげてください。より多くの勝利を得ることができるように力を与え、祝福してください。皆さんがそのような人生を生きるならば、皆さんの人生も、祝福の道へと進むことでしょう。皆さんもより多くの勝利、より多くの悟り、より多くの平和を得るでしょう。

皆さん、このメッセージを受け取ってくださるならば、大きな拍手で真の父母様に栄光をお返ししましょう。